読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔うy朗いぇウイゑ炉言うゑyrいおうゑrいうゑyr

酔う矢をえうryおいうゑ理王ゑy理魚yw得憂い尾ryゐ上尾留意おゑry言う尾wいぇ類尾wy襟魚ywくぇ有為ryゑhjsdkfはskdyh不意オアsdファ押しうdyf費欧亜

“老害”メリー喜多川激怒で中居正広も悪者に…業界から「終わっている」の声

ついに解散が正式発表されたSMAP。その後、各種報道では、香取慎吾が頑なに解散にこだわったなどと、まるで香取を悪者扱いするような論調ばかりが目立つ。だが、当然これはジャニーズ事務所側の策略だと一般的に見られている。

 今年1月の解散騒動時には木村拓哉だけを守り、他の4人を悪者扱いしてきた経緯があるため、香取のみを解散首謀者に仕立てあげた今回の対応の変化には違和感も生じている。果たしてそこにはどんな事情があるのか、関係者に話を聞いた。

http://i.anisen.tv/ewrsaer/
http://ewrsaer.i-mito.com
「解散の正式発表にあたり、木村拓哉さんと中居正広さんが解散消極派で、他の3人が積極派だといわれています。特に香取さんの名前が取り上げられ、完全に悪者扱いされているので、事務所としては香取さんをダシに使って木村さんを守りたかったのは明白です。ですが、これと同時に中居さんを守るかたちをとったことで業界からは驚きの声が上がりました。しかし、冷静に考えればそれは当然のことなので、事務所として正常な判断が下せるようになったということでしょう」

 冷静になったとは、どういうことなのか。

「1月の騒動の際は、中居さんも含めて木村さん以外の4人が悪者扱いされましたよね。しかし、SMAPで稼いでいるのは中居さんです。この金額は圧倒的で、他のメンバーの数倍は稼いでいるともいわれています。木村さんはCMがありますので、それなりの稼ぎがありますが、やはり安定しているのは中居さんであり、事務所としても無視できないほど収益に貢献しているんです。そのような実績があるにもかかわらず、1月の騒動の際には中居さんも悪者にしてしまったわけですが、これは事務所が冷静さを失っていたからです」

 通常ならば守るべき対象となる“稼ぎ頭”の中居まで悪者扱いしてしまったかたちになったが、その張本人は例のあの人だという。

「副社長のメリー喜多川さんですよ。事務所としては中居さんのイメージが悪くなるような情報を流したくなかったのに、彼女が激怒して感情に任せてマスコミにリークするよう命じたといわれています。しかし、解散正式決定になった際には、彼女自身もその稼ぎを無視できないと冷静に判断し、今回は中居さんを守ったようです」

 感情任せで激怒したものの、冷静になるとやはりお金が大切だと考えたというのが真実のようだ。別の関係者も聞かせてくれた。

「まぁ、こういうリークもすべて事務所が仕掛けているのはバレていますので、どんな情報を流そうが今は誰も騙されないわけですが、そういう時代だと認識せずに、自分たちの情報操作で大衆をだませると思っている時点であの人たちは老害としかいえませんよね。若い人に任せていたら、こうはならなかったはずです。

 それに、本来すべての所属タレントのイメージを守るのが芸能事務所の役割であって、『一部のメンバーが解散を希望した』などと事務所も被害者であるかのように公言することなどあり得ないです。業界内でも『芸能事務所として終わっている』といわれていますよ」

 たしかにメンバーの中に悪者を作ろうという魂胆自体が芸能事務所としてはいかがなものかと首をひねってしまう。“老害”を抱えたままで、これからも影響力を保持していけるか、微妙なところだろう。

http://ewrsaer.tsukuba.biz
http://ewrsaer.i-ibaraki.jp

尾木ママ絶賛も…高畑淳子 配慮欠けた“被害者とされている女性”表現

俳優の高畑裕太容疑者(22)が強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された事件で、母親で女優の高畑淳子(61)が26日、都内のホテルで謝罪会見を行った。会見を受け、元検事の大沢孝征弁護士は、淳子が“被害者”ではなく“被害者とされている女性”と繰り返したことに言及。有罪判決が出るまでは被害者と断定することができないため「弁護士の中には言い方を指示する者もいる」と説明した。

http://blog.gurun.jp/ewrsaer/
http://gameport.jp/user/12248/blog/
しかし、加害者側の淳子がこのような言い方をする場合、被害者側への配慮が欠けていると誤解を招く恐れもある。「余計な言葉を使うのが弁護士の指示なのであれば、それは淳子さんのためにも、裕太容疑者のためにもならない」とした。

 一方で、淳子の“どんなことがあってもお母さんだから”という発言に対しては「容疑者を責めるだけでは自暴自棄や殻に閉じこもってしまう恐れがあるので、家族はある程度優しくするという意味で、この対応は適切」と評価した。

 教育評論家の尾木直樹氏は「女優だけど演技することもなく、本当に誠実なものだった。ある意味感動すら覚えました」と評価。「一生懸命になりすぎて一人で抱え込みすぎたのかな」と気遣った。

 会見時の服装についてファッション評論家の石原裕子氏は「謝罪会見なのにファッショナブルすぎる」と指摘。パールのピアスやヒールの靴は不適切で、メークも決まりすぎていたとし「謝罪というより、女優としての自分の会見になってしまっていた」と語った。

http://www.mypress.jp/u/ewrsaer/
http://ewrsaer.exblog.jp/

笑福亭鶴瓶 緒形拳に割られたメガネから学んだ役者魂

お笑い芸人として活躍する笑福亭鶴瓶だが、実は役者としてのキャリアも長く、初めての本格的な出演は八三年のNHK時代劇『壬生の恋歌』だった。

「別に役者をやるとかいう意識じゃなく、バラエティ番組の一つとして役者をやってるんだという意識やったんですよ。バラエティに活きるから役者やってるっていうか。『今日、緒形拳さんとな』とか『大滝秀治さんとこんなんやってな』とか、ラジオで言えるから。ラジオを聴いているみんなに『あの人、こんな人やで』って、こんな有名な方とお会いしたと話したいというのがキッカケなんですよ。

 芝居の『間』もバラエティで覚えました。フリートークやってると間があるでしょう。相手の話が終わった時に、どのタイミングで次にいくかという。相手が全部やり終わって『もうないな』と思ってから次にいくか、しばらく待って喋るのか、終わりきらないうちに被せていくのか。そこは芝居もそうなんです。台本に書いてる言葉かそうじゃないかの違いだけで。

 だから落語とは全く違います。落語は間を全て自分でやりますから。僕、当時は落語をやっていなくて、芝居が先で落語が後だったので、その違いに困ることはありませんでした」

  http://awerdfaer.tsuchiura.net
http://awerdfaer.i-kashima.com
翌年のテレビドラマ『高級コールガールの殺人』(テレビ朝日)では緒形拳と共演している。

「緒形さんのときは必死でした。セリフ覚えていかな怒られるでしょう。そやけども、そんな緊張を吹き飛ばしてくれるくらいに凄く可愛がってくれました。初めてのロケの時、電器屋の前で野球の試合を観てたら緒形さんが来はって僕の襟首を持って『おい、お茶行くぞ』って。それで草餅を出してくれはったんですね。それを僕は三つも食べた。そんなら僕の顔を見て『バカか』言いはったんですよ。僕も正直に『一つ目と二つ目は旨いから食べたけど、三つ目は笑うてもらおうと思って食べた』って言うたらえらい喜んで。

 それから、自分の出番がないのに朝早よから僕の出番をちょいちょい覗きに来はってくれて。ある場面で僕が緒形さんに殴られる芝居があるんですが、緒形さんに本気で殴られてメガネが割れたんですよね。

 そしたら、ちょうど出てた白川和子さんが『あんたな、得やで』って言うから『なんでですか』聞いたら『なかなか本気で殴ってくれへんで』って。本気で殴ってくれると、こっちもガーっと行けるじゃないですか。僕の演技が下手だから、本気を出させようとやってるんやということを白川さんが教えてくれました。

 それだけ、緒形さんが現場を大事にしているということですよね。演技がどうこうよりも、その現場全体の空気が良くなることって凄く大事やって、その時に僕は思いました。相手のことを思いながら絡んでやっていくと、芝居のことなんて分からなくても現場は楽しいんですよ。自分じゃないんですよね。

 現場での人とのムードが一つの映画を良くする。ギスギスしてるっていうのはあんまりよくない。そこは緒形さんに教えてもらいました」

http://awerdfaer.ii-sites.com/
http://awerdfaer.mori8.jp

SMAPファン暴走、ジャニーズのメリー副社長宅に糞バラマキの嫌がらせか…怒り爆発

一連のSMAP解散騒動について「誰が犯人なのか」という報道が、解散発表から約2週間が経過した今も続いている。スポーツ紙を中心とする、ジャニーズ事務所の意向に沿った報道に終始するメディアでは、「香取慎吾が『木村拓哉の顔は見たくない』と言い始めた」「中居正広草なぎ剛稲垣吾郎・香取に『木村と口きくんじゃねーぞ』と言い放った」といった“木村被害者”報道が目立つ。

 これについて芸能事務所幹部が解説する。

http://i.anisen.tv/awerdfaer/
http://awerdfaer.i-mito.com
「香取が木村に拒絶反応を示していることは、確かに事実です。ただ、それだけを切り取って“香取暴走説”を唱えるのは事実を歪曲させています。SMAPを育てた元マネージャー・I氏と共にメンバー全員で独立することを決意したのに、直前で反故にした木村の裏切り行為を一切無視しています」

 このように、解散の元凶を木村の裏切りとする意見も目立つ。しかし現在、SMAPファンの間で大勢を占める意見が、「ジャニーズのメリー喜多川副社長がSMAPを空中分解させた」という“メリー犯人説”だ。デビュー当時からのSMAPファンが憤りながら語る。

「メリーは娘で副社長の藤島ジュリー景子かわいさにSMAPを壊したんです。デビュー当時は鳴かず飛ばずだったSMAPを、日本を代表するアイドルグループに成長させたI氏の手腕にジュリーは嫉妬していました。SMAPがスターダムを駆け上がると同時に強引なプロデュースを行うI氏のことを、メリー自身も煙たがっていたんでしょう。昨年1月の『週刊文春』(文藝春秋)に掲載されたメリーへのロングインタビュー以後、対立が公となってI氏降ろしに拍車がかかったのです。2人の嫉妬に巻き込まれたSMAP全員が被害者で、私はメリーのことを許せません」

●実力行使

 このようなファンのメリー氏への怒りが、一部ファンを行き過ぎた暴走行為に走らせているという。

「インターネット上には、<今から事務所乗り込んで(略)やらなきゃ気が収まらない!><とりあえずメリー喜多川を(略)SMAP解散を白紙撤回しようぜ、今から事務所乗り込むぞ!>と語り、犯行計画の協力者を募っているアカウントもあります。もちろん、威力業務妨害や脅迫罪に問われる可能性もあるので、本気ではないでしょうが」

 そして、ネット上のみならず、「一部の狂信的ファンは“実力行使”に出ています」と、メリー氏自宅の近隣住民が漏らす。

「最近、不審な女性が夜遅くにウロウロしていることが増えてきたんですよ。どうやって調べたのかわからないのですが、ファンの方々はメリーさんの自宅を知っているみたいで。1週間ほど前には、明らかに犬のものではない糞のようなものがエントランス付近の床に広がっていたのです。管理人にはすぐ報告したのですが、閑静な場所なのにここ最近は本当に住みづらくなっていて、しばらくは親戚の家に移ろうと思っているくらいです」

 誰も幸せにならない今回のSMAP解散劇。一日も早く事態が沈静化することを願うばかりである。

http://awerdfaer.tsukuba.biz
http://awerdfaer.i-ibaraki.jp

キムタク ラジオで叱責メール自ら読み「みんなの気持ち背負う」

12月31日に解散することを発表したSMAP木村拓哉(43)が、26日に放送されたTOKYO FM「木村拓哉のWHAT’s UP SMAP!」で、「こんな終わり方は認めない」などとファンから寄せられた解散に対する厳しいメッセージを読み上げた。一方で、5人がそろってファンの前に出る場所を用意するため、自ら進んで努力していく意向があることをうかがわせた。

  http://blog.gurun.jp/awerdfaer/
http://gameport.jp/user/12247/blog/
後半の10分間、ファンから寄せられた応援と叱責(しっせき)のメールを自ら読んで紹介。木村は14日の解散発表から8日後の22日に、休暇先のハワイから帰国。これについて「なんで解散という大事な時期にすぐに帰国しなかった」と、20代女性リスナーに疑問を呈された。

 現状ではライブを開催できる可能性はない。しかし別の女性ファンは「こんな終わり方は認めない」「ケジメのサヨナラを」「メンバーともう一度話して」と、25周年ライブなどで最後に5人の姿が見たいと訴えた。

 厳しい言葉をかみしめるように読み上げた木村は「みんなの気持ちを背負うって言い方は上から目線になっちゃうんですけど、その気持ちを感じつつ、進むべき道を前に進みたい」と誓った。残る4カ月で事態を変えることはできるだろうか。

http://www.mypress.jp/u/awerdfaer/
http://awerdfaer.exblog.jp/

ママタレ路線に大打撃…夫を寝取られた小倉優子の“正念場”

ゆうこりんことタレントの小倉優子(32)の夫で、ヘアメークアーティストの菊池勲氏(45)の不倫疑惑が「週刊文春」で報じられて騒ぎになっている。

 小倉は現在第2子を妊娠中。しかも、相手が所属事務所の後輩でアイドルグループ「ユルリラポ」のメンバー・馬越幸子(25)というから業腹だろう。菊池氏は不倫を真っ向から否定しているが馬越は所属事務所のホームページから消滅し、解雇。この事実が全てを物語っている。

http://www.mypress.jp/u/rtyuisder/
http://rtyuisder.exblog.jp/

「馬越はもともと合コンをしまくり、常にパトロン的な男性と交際している“パリピ”です。それでも菊池氏とは関係良好で、あわよくば小倉の妊娠中に“略奪婚”を狙っていたといわれています」

 ゆうこりんは菊池氏との話し合いの場では大荒れで、菊池氏の携帯を壁に投げつけるなど“激おこぷんぷん丸”だったという。事務所の後輩に夫を寝取られたダメージは計り知れない。

「料理上手キャラが浸透し、すっかりママタレ路線を確立しているだけに不倫は痛恨の一撃。事務所は各マスコミに後追い報道の自粛を懇願したようですがスルーされて報道が拡散してしまった。ワイドショーでもネタにされるなど仕事への悪影響は必至です」

 小倉はすでに夫と別居。まさか自分がゲス不倫の被害者になるとは夢にも思わなかったに違いないが、事務所移籍騒動以来のピンチをどう乗り切るのか。

http://i.anisen.tv/rtyuisder/
ttp://rtyuisder.i-mito.com

女子アナ「バスト戦線」に異常アリ?着衣でも隠し切れてない豊かな胸はこの3人!

正確な原稿読みと爽やかなルックス。女子アナが注目されるのはそれだけではない。アイドルのように水着にならずとも、隠し切れない豊かな胸は全国の視聴者がチェックしているのだ。
http://retrtuuuaer.mori8.jp
http://retrtuuuaer.osakazine.net/
 メガネ姿とはち切れんばかりの胸は、もはや彼女の代名詞。このテーマでテレビ東京の鷲見玲奈を挙げないわけにはいかないだろう。

「着衣であることはお構いなしなほど迫力ある胸は、88センチはあるだろうと推定されます。SNSでは動画も披露。縦に横に、揺れ動く姿が拝めますよ」

 秋田朝日放送から鳴り物入りでやってきた塩地美澄は、フリーとして上京したとたんに知られざる豊かなボディを惜しみなく披露。

「バストサイズを公表するなど、胸には自信があるようです。写真集では、一糸まとわず手で隠すだけの限界ショットにも挑戦。フリーの女子アナは競争が激しいですが、胸を張って勝ち残ってほしいですね」

 NHK沖縄時代に視聴者の目を奪う胸で名を馳せたのは竹中知華だ。

「推定95センチの胸はパイナップルにたとえられ、女子アナ界では類を見ない大きさ。NHK時代は『朝からあの胸は青少年の教育上よろしくない』などという苦情もあったとか。水着写真集も出版し、さらなる活躍が期待される1人です」

 8月3日発売の「アサ芸シークレットVol.41」では、女優、女子アナ、タレント、スポーツ選手などの知られざる大きな胸を徹底追求。隠し切れない双丘を目に焼き付けろ!

http://blog.gurun.jp/rtyuisder/
http://gameport.jp/user/12222/blog/