読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔うy朗いぇウイゑ炉言うゑyrいおうゑrいうゑyr

酔う矢をえうryおいうゑ理王ゑy理魚yw得憂い尾ryゐ上尾留意おゑry言う尾wいぇ類尾wy襟魚ywくぇ有為ryゑhjsdkfはskdyh不意オアsdファ押しうdyf費欧亜

“老害”メリー喜多川激怒で中居正広も悪者に…業界から「終わっている」の声

ついに解散が正式発表されたSMAP。その後、各種報道では、香取慎吾が頑なに解散にこだわったなどと、まるで香取を悪者扱いするような論調ばかりが目立つ。だが、当然これはジャニーズ事務所側の策略だと一般的に見られている。

 今年1月の解散騒動時には木村拓哉だけを守り、他の4人を悪者扱いしてきた経緯があるため、香取のみを解散首謀者に仕立てあげた今回の対応の変化には違和感も生じている。果たしてそこにはどんな事情があるのか、関係者に話を聞いた。

http://i.anisen.tv/ewrsaer/
http://ewrsaer.i-mito.com
「解散の正式発表にあたり、木村拓哉さんと中居正広さんが解散消極派で、他の3人が積極派だといわれています。特に香取さんの名前が取り上げられ、完全に悪者扱いされているので、事務所としては香取さんをダシに使って木村さんを守りたかったのは明白です。ですが、これと同時に中居さんを守るかたちをとったことで業界からは驚きの声が上がりました。しかし、冷静に考えればそれは当然のことなので、事務所として正常な判断が下せるようになったということでしょう」

 冷静になったとは、どういうことなのか。

「1月の騒動の際は、中居さんも含めて木村さん以外の4人が悪者扱いされましたよね。しかし、SMAPで稼いでいるのは中居さんです。この金額は圧倒的で、他のメンバーの数倍は稼いでいるともいわれています。木村さんはCMがありますので、それなりの稼ぎがありますが、やはり安定しているのは中居さんであり、事務所としても無視できないほど収益に貢献しているんです。そのような実績があるにもかかわらず、1月の騒動の際には中居さんも悪者にしてしまったわけですが、これは事務所が冷静さを失っていたからです」

 通常ならば守るべき対象となる“稼ぎ頭”の中居まで悪者扱いしてしまったかたちになったが、その張本人は例のあの人だという。

「副社長のメリー喜多川さんですよ。事務所としては中居さんのイメージが悪くなるような情報を流したくなかったのに、彼女が激怒して感情に任せてマスコミにリークするよう命じたといわれています。しかし、解散正式決定になった際には、彼女自身もその稼ぎを無視できないと冷静に判断し、今回は中居さんを守ったようです」

 感情任せで激怒したものの、冷静になるとやはりお金が大切だと考えたというのが真実のようだ。別の関係者も聞かせてくれた。

「まぁ、こういうリークもすべて事務所が仕掛けているのはバレていますので、どんな情報を流そうが今は誰も騙されないわけですが、そういう時代だと認識せずに、自分たちの情報操作で大衆をだませると思っている時点であの人たちは老害としかいえませんよね。若い人に任せていたら、こうはならなかったはずです。

 それに、本来すべての所属タレントのイメージを守るのが芸能事務所の役割であって、『一部のメンバーが解散を希望した』などと事務所も被害者であるかのように公言することなどあり得ないです。業界内でも『芸能事務所として終わっている』といわれていますよ」

 たしかにメンバーの中に悪者を作ろうという魂胆自体が芸能事務所としてはいかがなものかと首をひねってしまう。“老害”を抱えたままで、これからも影響力を保持していけるか、微妙なところだろう。

http://ewrsaer.tsukuba.biz
http://ewrsaer.i-ibaraki.jp